こだわりのもの

自分の相棒….学生必見シャーペン「オレンズ ネロ0.2」

こんにちは。すがりょー(@sugaryo_b )です。皆さんどんなシャーペンを使っていますか?こだわりを持っている人、使えればなんでもいい人さまざまだと思います。
今回は学生必見のシャープペンを紹介ていきます。
それはオレンズネロです
このオレンズネロのシャーペンを簡単に表すとボールペンのように書き続けられるシャーペンです。それでは詳しく見ていきましょう

ペンの機能

オレンズネロには大きく二つの機能が搭載されています。

1,オレンズシステム

このオレンズシステムとは簡単に言ってしまえば芯が折れずにかけるというシステムです
先端にパイプがあり、そのパイプがシャー芯を守る役割を果たしています。
パイプに引っかかって書きにくいのでは?と思いの方もいらっしゃるのではないでしょうか。このパイプは先端が非常になめらかで、引っ掛かりもなく書けるようになっています。

2,自動芯出し機構

これがオレンズネロの1番の特徴。芯1本書き終わるまで出続けるという機構です。
つまりたくさんの文字書く時に、いちいちカチカチせずに1本使いきるまで書き続けられます。
記述式のテストや小論文などで大きな力が発揮されるのではないでしょうか。
そしてかなりのストレスが軽減されます

半年使ってみた感想

まずデザインがとてもかっこいい。シックな黒で若干のマット感があり使っていくうちにどんどん手になじんできます。
自分は0.2と0.3どっちも使っていたけれど最終的に0.2を選びました。
なぜなら書き心地が0.2の方がカリカリしていて、以前に使っていたシュタインの0.3に書き心地がにていました。
0.2はカリカリと書くことが好きな人、0.3はマイルドでなめらかな書き心地が好きな人におすすめです。

使ってほしい人

使ってほしい人は学生です。
特に
1,小論文や数学の証明を多く書く学生
2,大学の論述の試験でボールペンが使えない人
なぜこの二つの学生に特におすすめするかというとどちらも文章を多く書くからです。
文章をたくさん書くならシャーペンをカチカチする回数がふえますよね?そこでわずかながらも集中力が途切れてしまうはずです。
オレンズネロならばその回数を減らすことができ快適に文章を書けるようになるからです。

オレンズネロのデメリット

ここまではオレンズネロをべた褒めしてきましたが、ちゃんとデメリットについても話していきますね。デメリットは2つあります。
1つ目はほかのシャーペンと比べて値段が高いこと。
これだけの機能がついていたら値段は高くなるもの。
でも自分はこの値段は適正だと思います。
実際買って損をしたと思いませんし、なんならこの値段でも安いと思います。
2つ目はオレンズネロはとても繊細で壊れやすいです。特に自動芯出し機構が壊れやすいです
自分は買った翌日、パイプを出した状態で落としてしまい、壊れてしまった

まとめ

今回は、自分のこだわりのあるシャーペンを紹介しました
じつはオレンズネロは現在はある程度流通していますが、自分が買った時は手に入れること自体が難しかったです。
手に入れるまでにもドラマがあったので気になる方がいましたらこちらの記事も合わせて読んでもらえると嬉しいです。